MENU
マーベロン

マーベロン服用中にタバコがNGな理由

 

「マーベロン」は、妊娠を防ぐための避妊目的として使用する代表的な低用量ピルの一つです。
卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つの女性ホルモン含まれており、これらが脳下垂体に働きかけて、卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑える働きを持っています。
マーベロンなどの低用量ピルを服用する人には、いくつか条件があります。服用できない方は、35歳以上で1日15本以上のタバコおを吸う方、乳がんや子宮頸がんなどの方や疑いのある方、高血圧症や高脂血症の方、心臓病を持ってる方、妊娠中の方です。
低用量ピルには、血液が固まりやすくなる特性があります。それゆえに循環器系の疾患を持っている方は使用に注意が必要です。
同様にタバコも血液を凝固しやすい作用を持っているので、ピルと併用すると血栓症のリスが高まります。それゆえに若い方のヘビースモーカーや40歳以上の方の喫煙者はマーベロンなどのピルの服用は禁止されています。
服用を希望される際は、禁煙をお勧めします。
低用量ピルは、婦人科などの医療機関で処方が可能です。自分に合うピルを処方してもらうために、使用目的や症状はしっかりと医師に伝えることが大切です。また、継続服用することで効果が発揮するので、飲み忘れなどに注意が必要となります。