MENU
マーベロン

低用量ピルと副作用の種類

 

 

低用量ピルを飲み服用するようになってからオリモノが多く出るようになるのではないか…
副作用で出血が多くなるのではないか…

 

そのように思われる方も多いようです。
ニキビや吹き出物治療の1つとして低用量ピルを服用するようになると、吐き気、頭痛、オリモノの増加といったものが現れることがあります。

 

このような副作用の原因としては、ホルモン量が増加することが原因となっていると考えられます。
しかし、このような症状は服用を続けていくことによって治まっていきますので心配の必要はありません。

 

大体、2ヶ月程度服用を続けることで症状が収まる方が大半です。
卵胞ホルモンだけを服用しているのであれば、不正出血も少ないのですが、プロゲステロンを服用することで生理と同じような出血を伴うことがあるのです。

 

マーベロンを服用しているとこのような出血も多いのですが、含まれているホルモンの量が少ないですので服用を始めた頃には身体がピルに慣れていない状態ですので不正出血を起こすようになるのです。
出血量が少量の生理なのであれば気にすることもありません。

 

ホルモンバランスの変化によるものですので、過度に心配をする必要はありませんし、当然の反応ですのでよく覚えておくようにしてください。