MENU
マーベロン

マーベロンとオイリー肌

 

 

オイリー肌の人というのは頑固な皮脂汚れが気になってしまい、クレンジングオイルを使用したくなるものです。
実際に愛用者も多いですよね。
実際にクレンジングオイルというのは毛穴の汚れを落とす力があります。
ファンデーション、チークのような油性化粧水もしっかりと落とすことができます。

 

しかし、それだけ洗浄力が強力であるということになります。
クレンジングオイルの主成分となっているのは界面活性剤、そして油分になります。

 

界面活性剤というのは水分と油とを混ぜあわせる作用があるのですが、この作用がニキビ肌において害となってしまいます。
皮膚の脂分を剥ぎ落として、細胞膜を除去します。
人間のお肌というのは防御機能を備えているので、どのような物質も取り込まないようになっているのです。

 

しかし、界面活性剤の乳化作用により、バリア機能というのは破壊されてしまいます。
そのため、お肌は敏感な状態になり、ニキビができやすくなります。

 

また、お肌の状態を維持するためにも、乳化作用によってバリア機能は壊れてしまうので、肌は敏感な状態になります。
元々ニキビ肌というのは外部からの刺激にきわめて弱く、簡単に炎症を起こしてしまうのです。

 

その状態でバリア機能がさらに低下するとニキビというのは酷く腫れ上がってしまいます。
また、生理によってニキビができやすくなりますので、マーベロンを使用して生理をコントロールするのもニキビ予防には役立つと思いますよ。