MENU
マーベロン

低用量ピルと月経周期

ピルは月経周期に合わせて服用しましょう。通常は28日間の月経周期を利用したうえで毎日ピルを服用するようにして避妊を行うのです。通常であればホルモン剤が含まれている薬剤が21日、そしてその他の7日間ピルを飲むのは控えます。
休んでいる間というのは月経のような出血が見られるのです。ピルは28日分がワンシートとなっていますので、ワンシートごとに飲む、ということになります。飲み忘れが起きてしまうと、避妊の効果が無くなります。
そのため、毎日正しく飲み続けるようにしなければなりませんよ。万が一飲み忘れてしまった場合には、2日以内なのであれば対処できます。しかし、出血量が多い場合にはホルモン量が減少している証拠ですので、新しいシートへと取り替えてやり直すようにしなければなりません。
低用量ピルの服用というのは1日1回なのですが、連続で同じだけの量のホルモンを維持する、ということが重要ですので、同じ量を服用するようにしなければなりません。ピルは正しく服用をしていれば、その日からでも効果を発揮することは可能です。
月経が起きた時に服用を開始して、月経時に起こる排卵の準備自体を止めてしまうようにしましょう。また、急な場合には月経開始以外にも、7日間以上服用していれば避妊効果をしっかりと得ることができます。