MENU
マーベロン

低用量ピルと更年期障害

更年期障害の症状緩和のために低用量ピルの服用が医師に勧められることがあります。このピルはそもそもホルモン剤の一種になります。更年期障害というのは女性ホルモンが不足していることによって症状が起きているのです。
この更年期障害による症状を緩和するために低用量ピルがおすすめなのです。ただし、閉経後に更年期障害の症状を緩和するために行われるホルモン補充療法なので、処方されるのは低用量ピルとは異なります。
閉経後においてピルを服用してしまった場合にはホルモンバランスが崩れてしまうことがありますので注意しましょう。
ネット通販においてピルを購入するというのも簡単ですが、更年期中の女性の身体というのは極めて敏感ですので、自分の判断だけでピルを使用するのは控えるようにしましょう。
ホルモン補充療法というのは更年期外来などにおいて処方されることが多いです。ホルモン補充療法は自分の身体に合っていれば肉体的、精神的トラブルを緩和することもできる非常に素晴らしい治療法なのです。
ホルモン補充療法は医師の判断の元で行われるべきものですので、ホルモン補充療法を受けたいのであれば医師にしっかりと相談をしてみるようにしましょう。