MENU
マーベロン

アジア人女性向けのピル、ダイアン

 

ピルの種類はたくさんあるけど、自分に合ったものがどれか分からない、片っ端から試していくわけにもいかないし…と考える方は、まずダイアンを試してみてはいかがでしょうか。

 

ダイアンはアジア人向けに作られた低用量ピルで、男性ホルモン(アンドロゲン)を抑制する効果が高いと言われています。

 

低用量ピルの基本的に使用目的として、第一は避妊です。

 

子宮内膜症等の治療薬として低用量ピルが使われることもありますが、これもホルモンの調整により排卵を抑制することが、子宮内膜症の悪化防止に繋がる可能性があるからという理由であり、基本的には根治を目指すための処方ではありません。

 

言わば避妊薬であるピルの、副効用としての治療効果と言っても良いのではないでしょうか。

 

それらの用途以外でも、女性ホルモンを調節し体のバランスを整えることができますから、低用量ピルを使用することで女性らしい体つきになったり、ホルモンバランスの乱れによって生じる症状を抑えたりすることができます。

 

ダイアンは特に小柄なアジア人向けに作られた低用量ピルですから私たちの体に優しく、アンドロゲンの抑制効果が高いという特徴があるので、男性ホルモンの過剰活性によって生じる口元のニキビや、男性型の脱毛症、多毛症などにも効果が期待できます。

 

避妊と美容効果があると良いなと考えていて、そしてできるだけ負担の軽いピルをお探しであれば、一度ダイアンを試してみても良いかもしれません。

 

女体化を目指す人にも人気

 

ダイアンに含まれる女性ホルモンは、プロゲステロンの酢酸シプロテロン、エストロゲンのエチニルエストラジオールを配合。

 

酢酸シプロテロンに男性ホルモンの影響を抑制する効果があり、エチニルストラジオールが少量でも強力な女性ホルモンとして働きます。

 

このことから、ダイアンは性同一性障害を持つ方や、女装の趣味が高じて女体化を極めたい方が使用するピルとしても有名です。

 

低用量ピルの個人的な使い方として正しいのかどうかは別の問題ですが、女体化したい男性にとって、女性ホルモンの働きが強力で、かつ男性ホルモンの影響を抑制できるピルはぴったりの効果を持ちます。

 

ピルは一日に一錠、決まった時間に服用するのが基本ですが、女体化を目指す人はご自分のホルモンバランスと比較しながら、一日複数錠のピルを服用することもあります。

 

女体化は男性機能の喪失というようなそれ相応のリスクがあり体にかかる負担も大きいですから、自己判断で始めるのではなく、専門の医師に相談の上、薬剤として何をどれくらい使うかを確認してから始めるのが理想です。

 

ダイアンの副作用は比較的小さいかもしれないが

 

女性が使用する場合も、アジア人向けに作られたダイアンですから体にかかる負担は少ないと言われますが、絶対に副作用が出ないというわけではありません。

 

一般的に低用量ピルの副作用として挙げられるのは、飲み始めにおいて吐き気や頭痛がすること、そしてもっとも警戒しなければならないのは血栓症です。

 

低用量ピルを使うのであれば喫煙は控えること、35歳以上であれば特に慎重に使用することが大事です。

 

これらのことは、医師にかかれば医師が判断し、ピルの処方を見送ることもあると思いますが、自己判断では危険性を無視できてしまうという危険があります。

 

ダイアンはネット通販で簡単に手に入れることができます。お値段も一箱(ひと月分)当たり1,000円前後で購入することができます。

 

医師の処方を受ければ、診察費や交通費なども含めて高上りになりますから、自己判断で使用する方は多いと思いますが、自己判断で使用する以上、ご自分で厳しい管理をする必要があります。