MENU
マーベロン

アフターピルを服用してから効果が出るまでの時間

 

アフターピルを服用すると配合された女性ホルモンが大きく変化し、排卵を抑制、遅延させるか、子宮内膜を剥がすようにします。

 

これによって受精や着床をできなくさせるのですが、タイムリミットは性交後の72時間以内と言われています。

 

妊娠は受精卵が着床することで始まりますが、性交から着床までは最短で約7日とされており、

 

性交後から72時間(3日)に服用して、強制的に生理を起こさせるまで最短で3日かかります。

 

つまり、性交後から子宮内膜が剥がれ落ちるまで6日となるので、着床までの時間がギリギリとなっています。

 

アフターピルには生理を強制的に行う作用がありますが、排卵日の直後ではすぐに生理が起きないので、

 

排卵を抑制することで受精を回避することが出来るようになっています。

 

その後、数日経過してから子宮内膜が剥がれるように生理が開始されます。

 

アフターピルによって起こされた生理による出血を消退出血と呼びますが、この出血が避妊成功の証拠となります。

 

生理周期や個人差によって消退出血の日数は異なりますが、最短で3日ほど、平均では1週間くらいで出血が起こり、

 

長い人では3週間はかかることもあります。

 

生理周期から考えると3週間以上経過することはほとんどありませんので、

 

長すぎると思った時は妊娠の可能性も考えて検査するようにしましょう。