MENU
マーベロン

アフターピル服用で起こる作用と効果について

 

避妊をせずに性行為をした後でもアフターピルを使用すれば、妊娠を回避することができます。

 

しかし、アフターピルは薬でもありますから、

 

まずはどのような作用で避妊ができるのかということをしっかりと理解してから使用することが大事になってきます。

 

そこで、アフターピルの作用としては、ホルモンバランスを急激に変化させ、妊娠に必要な排卵、受精、受精卵の着床を阻止します。

 

ですから、性行為をした後、72時間以内にアフターピルを服用すれば、

 

ほとんどの場合、避妊効果を得ることができるということになります。

 

ただし、受精卵の着床が着床してしまってから、アフターピルを使用しても効果を得ることができませんから、

 

早めに服用するということが大事になってきます。

 

副作用としては、吐き気や倦怠感、頭痛などの症状が起こることがありますが、

 

こういった症状は1日で緩和することがほとんどとなっていますし、最近の薬の傾向としては、

 

このような症状がほとんど起きないようになっていますので、それほど症状に悩まされるということはないと考えられます。

 

服用方法としては、性行為後72時間以内に1回、

 

もしくは2回に分けて使用することが多く、飲み忘れに気をつける必要があります。