MENU
マーベロン

アフターピルのあと嘔吐してしまったらどうすればいい?

 

アフターピルには、合成した女性ホルモンが含まれています。

 

避妊に失敗した後に服用することで本来の女性ホルモンのバランスを変え、

 

排卵を抑制したり受精卵が着床しづらいようにすることで妊娠を避けるものです。

 

なるべく早く服用した方が良いと言われていて、時間がたつほど妊娠しやすくなってしまうというデータが発表されています。

 

アフターピルには副作用として頭痛や嘔吐、吐き気、むくみ、胸の張りといったつわりのような症状があります。

 

これは女性ホルモンのバランスが急激に変わったことによる副作用ですが、症状が酷い時には処方された病院に行って診察を受けるようにしましょう。

 

その中でも一番気にしなければならないのは、アフターピルを服用後に嘔吐してしまった場合です。

 

アフターピルを服用しても胃腸で吸収されないままに嘔吐してしまった時には、女性ホルモンの分泌のバランスが変わることがないケースがあります。

 

そうすると、避妊に失敗してからすぐに服用できたとしても、服用した意味がなくなってしまうかのせいもあるのです。

 

72時間以内の服用によって妊娠率を下げるもののため、後回しにせずになるべく早く連絡をして適切な処置を受けるようにしましょう。