MENU
マーベロン

アフターピルで膀胱炎になる?

 

アフターピルで膀胱炎のような症状が出るとはありますが、細菌感染が起きない限りアフターピルで膀胱炎になることはありません。

 

しかし服用時に腹痛や背中の痛みが生じるので、これに伴って排尿痛が出る可能性もあるので、

 

アフターピルを服用する場合には副作用に十分に注意が必要ですが、対症療法をするしかないので、

 

解熱鎮痛剤などを服用して安静にすることが大切です。

 

アフターピルは血栓症のリスクが低用量ピルに比べると高いとされていますが、これは急激に女性の体を妊娠状態にすることによるもので

 

家族性高脂血症の場合はリスクが非常に高くなるので、十分に水分を摂取して血栓症のリスクを減らさなければなりません。

 

また家族性高脂血症の女性がピルを服用する場合には血栓症の検査を受けるとともに

 

初期症状に関する知識を持つことが重要で、ふくらはぎの激しい痛みなどがあった場合に

 

すぐに病院を受診しなければ重症化する可能性もあります。

 

アフターピルは繰り返し服用すると女性の体を何度も妊娠状態にするので、血栓症のリスクが最大で5倍になるとされているので

 

喫煙をしている35歳以上の女性はピルの処方を受けられない場合がありますが、禁煙を条件に服用できる病院もあります。