MENU
マーベロン

アフターピルは産婦人科で処方してもらおう

 

男性と女性が性行為をすると、妊娠をする、つまり子供ができる可能性があります。

 

特に子どもを産み育てることを望んでいるわけでなければ、困ってしまうことでしょう。

 

そういった事態にならないように、日ごろから避妊をするようにしたほうがいいのです。

 

避妊方法として知られているのが、男性のつけるコンドームです。

 

しかし、実際にはそれ以外にもたくさんの方法があるのです。

 

中でも海外の国では一般的になっている避妊薬であるピルは多くの女性が自分を守るために服用しているのです。

 

避妊をしていても、時には失敗してしまうことがあるかもしれません。

 

日本では認知度が高くはないのですが、性行為のあとに服用する緊急用の避妊薬があります。

 

それがアフターピル、モーニングピルといわれる薬です。

 

アフターピルというのは、性行為のあと、72時間以内に服用すると効果があるといわれます。

 

仮に受精卵ができていたとしてもそれを子宮内に着床しないように少し強めのホルモン剤を飲むようになっているのです。

 

入手するには、産婦人科で出してもらう必要があるので、

 

早めに受診するようにしましょう。3日以内に服用しないと効果がないので、早ければ早いほうがいいといえましょう。