MENU
マーベロン

アフターピルで吐き気の副作用が少ないのは?

 

アフターピルは、女性ホルモンの分泌を急激に促し、生理を引き起こすことで、妊娠を防ぐ仕組みになっているそうですね。

 

そのため、アフターピルを服用すると、早ければ3日後には生理が来るそうです(逆に、

 

3週間経っても生理が来ない場合は、妊娠している可能性が高いので、産婦人科に行くべきだそうです)。

 

しかし、そうした女性ホルモンの急激な変化は、様々な副作用も引き起こすため、人によってはかなり辛いとのことでした。

 

中でも一番よくある副作用は、吐き気みたいです。

 

ただ、飲んで2時間以内に吐いてしまうと、アフターピルの成分の一緒に出てしまうため、

 

どんなに気持ち悪くても我慢しなければいけないみたいです。これはかなりハードですね(体験談の中には、

 

アフターピルを飲んだ日は一日何もできなかった、という声もありました)。

 

そこで、そうした吐き気の副作用が少ないアフターピルを探してみたところ、ノルレボ錠というのがヒットしました。

 

なんでも、これだと従来アフターピルであるプラノバール錠と違い、吐き気の副作用が少ないのだとか。

 

また、72時間以内に1回飲むだけで良いため簡単で良いとのことでした。

 

なので、私もいざという時は、このノルレボ錠にお世話になることにします。