MENU
マーベロン

副作用が少ないアフターピルって? 

 

従来、アフターピルとしてよく使われていた、プラノバール錠という中用量ピルには、1つ大きな欠点があるそうですね。

 

それは、吐き気の副作用が伴う危険性が、かなり高いという点です。

 

確かに、体験談などを調べる限り、程度には差がありますが、ほぼみんな吐き気があったと言っていました。

 

ひどい人なんて、飲んですぐ急激な吐き気に襲われて、1日何もできなかったとまで書いてありました。

 

しかし、アフターピルで気持ち悪くて吐きたくなっても、吐いてはいけないそうです。なぜなら、

 

吐いてしまうとアフターピルの成分が身体に浸透する前に、体外に排出されてしまうからです。

 

そのため、アフターピルを飲んでから少なくとも2時間は、何が何でも吐くのを我慢する必要があるみたいです。

 

これは辛いなんてものじゃないと思います。もっと楽なアフターピルはないのでしょうか?

 

調べたところ、最近ではプラノバール錠のそうした欠点を克服したアフターピルもあるらしく、

 

中でもノルレボ錠というのが人気だそうです。

 

これだと、吐き気などの副作用が生じることはとても少なく、あっても程度はとても軽いみたいです。

 

また、飲む回数も72時間以内に1回で良いため、プラノバール錠に比べてとても簡単とのことでした。