MENU
マーベロン

副作用でアフターピルの効果が台無し!? 

 

アフターピルさえ飲めば、性交渉中に避妊をしていなくても妊娠せずに済む、と今までは簡単に考えていましたが、

 

実際はそんな簡単な話ではないみたいですね。

 

アフターピルで事後的に妊娠を回避できるという点に誤りは無いのですが

 

アフターピルの服用に伴う副作用の症状が、地味に厄介とのことでした。

 

詳しく言うと、アフターピルは、女性ホルモンの分泌を急激に促し

 

生理を引き起こすことで、妊娠に至ることを回避する中用量ピルなため、そのホルモンの急激な変化に伴い

 

身体には様々な副作用が生じるんですね。

 

具体的に挙げると、吐き気、眠気、下腹痛、倦怠感、頭痛、イライラ、むくみなどの症状が、それに当たるそうです。

 

に、吐き気の症状がひどいらしく、体質やその時々の大量によっては

 

飲んで1時間くらいで、歩けないくらいの急激な吐き気に襲われる人もいるとのことでした。

 

しかし厄介なことに、アフターピルで気持ち悪くなっても、吐いてはいけないんですね。

 

なぜなら、吐いてしまうとアフターピルの成分まで一緒に出てきてしまい、せっかくの効果が台無しになってしまうからです。

 

そのため、どんなに辛くても、飲んでから2時間はとにかく吐いてはいけないとのことでした。