MENU
マーベロン

アフターピルは吐いたら効果なし!? 

 

アフターピルを飲むと、様々な症状が副作用として表れ得るそうですね。

 

原因は、アフターピルそのものというよりは、それの持つ女性ホルモン分泌促進効果による、急激なホルモンバランスの変化みたいです。

 

そのため、妊娠や生理の時のような症状、具体的には、吐き気、眠気、下腹痛、倦怠感、頭痛、イライラ、むくみなどが出るんですね。

 

ちなみに、中でも多い副作用は、吐き気みたいです。

 

確かに、体験談や口コミを見てみると、かなりの人達が吐き気の症状があった旨を訴えていました。

 

まぁ気持ち悪いなら吐けば良いのかな、と個人的には軽く考えていたのですが、実際はそう簡単な話ではないみたいです。

 

なぜなら、アフターピルを飲んだ後に吐いてしまうと、せっかくの妊娠回避効果が期待できなくなってしまうからです。

 

確かに、成分が身体に浸透する前に吐いてしまったら、意味が無いですからね。

 

ただ、ずっと我慢しなければいけないわけではなく、飲んでから2時間経過した後は、とりあえず大丈夫とのことでした。

 

つまり、辛くても2時間我慢すれば良いんですね。とりあえずは安心しました。ただ、吐き気を我慢するのは絶対辛いと思うので

 

私はなるべくアフターピルにお世話にならないよう、避妊に関してはちゃんと気を付けることにします。