MENU
マーベロン

アフターピルの失敗原因は飲み忘れが多い!? 

 

アフターピルで妊娠回避に失敗する例は、意外と多いそうですね。

 

具体的な数字にすると、20パーセント程みたいです。思っている程、アフターピルによる避妊率は高くないということですね。

 

しかし、アフターピルによる避妊失敗の原因には、ちょっとしたある凡ミスも一定数占めているとのことでした。

 

その凡ミスとは、飲み忘れ、です。日本でよく知られているプラノバール錠を始め、昔からあるアフターピルは、

 

2回飲む必要があります。プラノバール錠だと、性交渉から72時間以内に1回、そこから更に12時間後に1回、といった感じだそうです。

 

しかし、その2回目を飲み忘れてしまう、又は時間がずれてしまう場合が、意外と多いみたいです。

 

確かに、12時間もすれば忘れてしまいそうですし、1回目を飲んだ時間によっては深夜とかになってしまいますからね。

 

そのため、最近では飲む回数が1回で良い、ノルレボ錠というアフターピルの人気が、日本でも高まっているそうです。

 

これなら72時間以内に1回服用するだけなので

 

従来のプラノバール錠などのアフターピルのように、凡ミスによる避妊失敗の危険性は無いんですね。

 

値段は1回分につき15000円前後とかなり高いですが、確実性の方を重視するならノルレボ錠が強く推奨されるそうです。