MENU
マーベロン

アフターピルの失敗理由で多いのは? 

 

アフターピルによる妊娠回避率は、私達が思っている程高くはないそうです。

 

具体的に言うと、アフターピルの妊娠回避率はせいぜい80パーセント強なので

 

20パーセント程の人は普通に妊娠に至ってしまうとのことでした。

 

つまり、性交渉後にちゃんとアフターピルを飲んでも、避妊に失敗することは、十分想定内ということなんですね。

 

ちなみに、アフターピルによる避妊が失敗する理由として、いくつかお決まりのものもあるそうです。

 

例えば、飲み忘れ。

 

プラノバール錠などの大抵のアフターピルは72時間以内に1回そこから更に12時間後に1回飲む必要があるものの

 

その2回目を忘れてしまう場合も一定数あるんですね(2回目を飲む時間が深夜だったりする場合、特に多いそうです)。

 

後は、副作用による吐き気で、アフターピルの成分が浸透する前に吐いてしまうことも、理由に挙げられていました。

 

吐き気があっても吐けば楽になりますが、アフターピルの場合、飲んでから2時間以内に吐いてしまうと成分まで排出されてしまうんですね。

 

となると、アフターピルを飲んだのに妊娠してしまう可能性は

 

無視できない程度には高いということになりそうですね。私もいざという時は十分注意しようと思います。