MENU
マーベロン

アフターピルは処方してもらうしかない!? 

 

アフターピルは、産婦人科で処方してもらうしか、入手方法は無いそうですね。

 

なぜなら、法律の関係で普通の薬局やドラッグストアでは売ることができないからです(望まぬ妊娠が社会問題になっている現代においては、それはそれでどうかと思いますが)。

 

しかし、産婦人科なんて年々減っていますし、行きつけの所があるとも限らないと思います(ちなみに私はありません)。

 

となると、アフターピルの72時間以内というリミットは、結構シビアなんですね。

 

ただ、個人輸入によってアフターピルを購入するのは、あまり推奨されないそうです。

 

アフターピルの、女性ホルモンの分泌を急激に促すことで生理を生じさせるという性質上、

 

通常の内服薬以上に高い安全性が必要とされるからです。また、海外製のアフターピルには

 

日本語の説明書もついていないため正しい服用方法が分からないという欠点もあるそうです。

 

となると、本当に面倒ではありますが、72時間以内に産婦人科を探して、アフターピルの処方箋を書いてもらうしかないんですね。

 

もし私の場合、行きつけの産婦人科が無い関係上、仕事を休んでかなりバタバタする羽目になりそうなので

 

アフターピルに頼らずに済むよう、性交渉の際は常に避妊するようにします。