MENU
マーベロン

産婦人科でアフターピルをもらっても値段は高い!?

 

アフターピルは、今では個人輸入で海外製のものを購入することも可能ですが

 

通常の内服薬以上に安全性を要求されることから(急激に女性ホルモンの分泌を促すため

 

ちゃんとしたものを購入しても、かなりの高確率で吐き気、頭痛、むくみ、イライラなどの副作用に悩まされるそうです。

 

あまりそういった形での入手はお勧めされていないそうです。

 

しかし、アフターピルは法律の関係上、日本では薬局でドラッグストアに売られていないため

 

入手するには産婦人科を受診するしかないんですね。

 

まぁ多少面倒なものの産婦人科でもらえば初診でもない限りそこまでお金もかからないし

 

と個人的には軽く考えていたのですが、実際は産婦人科でアフターピルを処方してもらったところで、お値段はかなり高額とのことでした。

 

具体的には、プラノバール錠だと1回分につき7000円~8000円、ノルレボ錠だと15000円前後もするみたいです。

 

なぜこんなに高額なのかと言うと、アフターピルには一切保険が適用されないからです。

 

それでも、妊娠は一生に関わることですから、それを望まない以上、多少高くてもアフターピルを服用すべきなんですよね。

 

それにしても、一体日本の健康保険制度はどうなっているのでしょうか?